不動産の豆知識ライブラリー|Vo.5 物件選びのポイント

物件選びのポイント

お部屋探しを始めると悩める項目がたくさん出てきます。部屋の向きや階数、部屋の位置等悩めるポイントごとに、実際に住んだ際のメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

ポイント1
東向きVS西向き

東向きVS西向き
ワンポイント 一般的に物件の価格や賃料は南向き→東向き→西向き→北向きの順に安くなっていきます。 絶対南向き!!と決めつけてしまわず、ライフスタイルに合わせて、東向きや西向きも検討してみましょう。 朝からしっかり活動したいという方は東向きがおすすめですし、休日に洗濯物をまとめて片づけたい、ぽかぽかするお部屋が理想という人は西向きの部屋も選択肢に加えてみると、理想の部屋に出会えるかもしれませんね。

ポイント2
角部屋VS中部屋

角部屋VS中部屋
ワンポイント 中部屋も角部屋もメリットがある事がわかりますね。 角部屋は1つのフロアに2部屋のみとなるため、角部屋限定で探していると、なかなかお気に入りの物件に出会えない可能性もあります。 また、最近は中部屋の場合、複数の間取りのパターンから選べることもあり、中部屋の方が選択肢が多いこともありますよ。

ポイント3
低層階VS高層階

低層階VS高層階
ワンポイント 物件の価格・賃料は階数に比例して高くなるのが一般的です。 「できるだけ高い部屋で開放的な暮らしをしたい」と思っていても、実際に暮らしてみると、「毎日のエレベーターがおっくう」という方もいます。 大きなマンションであれば、スカイラウンジ等の設備があり、低層階に住んでいながらも素敵な夜景を味わえることもあります。 予算と暮らし方を考えて階数を選びたいですね。

ポイント4
部屋数重視VS部屋の広さ重視

部屋数重視VS部屋の広さ重視
ワンポイント 部屋を探すときに1LDKか2DKか、もしくは2LDKか3DKかは決めておきたい大切なポイントです。 暮らしのイメージは部屋を探す前にお互いにしっかり話し合いをしておくとよいでしょう。 また、迷っているという方は迷っている2つのタイプの部屋を実際に見学してみましょう。 実際にお部屋を見学しながら、どのようにそれぞれの部屋を使うか考えてみると、ピッタリな間取りがわかるでしょう。
まとめ
ページトップ

「不動産」のことは、業界経験30年以上の信頼できる「地元不動産会社」の社長にぜひご相談下さい。

信頼できる不動産会社の社長に相談する5つのメリット
1.「営業マン」ではないので、毎月の営業実績に追われていません。そのため、お客様のご都合のよい時間にゆっくりと親身になってご相談をお伺いできます。
2.「売買」「賃貸」「賃貸管理」等不動産のすべての内容に精通しているため、不動産を「売却」する場合の売却価格「賃貸」にする場合賃料相場「売却」「賃貸」の
  メリット、デメリット、税金等についてすべてお答えできます。
3.創業以来「地元密着」の営業スタイルを継続しているため悪い評判がでると困ります。そのため、強引な営業はいたしません。
4.会社の代表者なので当社で「現金買取」(仲介手数料不要)が可能かどうか、又「現金買取」の価格も短期間でお伝えできます。
5.地元出身(山本小学校、上之島中学校)ですので地元の情報に精通しています。

残念ながら当社は、「新築住宅」のご紹介があまり得意ではありません。「新築住宅」以外の「建築条件のない土地」「中古住宅」「中古マンション」「事業用地」「収益物件」の売却、購入、「不動産の現金買取」(仲介手数料不要)に特化した営業活動を行っています。
不動産の売却、購入をお考えのお客様「大手流通業者」だけでなく不動産のことは、信頼できる「地元不動産業者」にもぜひご相談下さい。

歓業ハウジングセンターの外観 歓業ハウジングセンターのエントランス 歓業ハウジングセンターの店内 お問い合わせ窓口
ホーム | アクセスマップ | 会社概要 | 求人情報 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ